気象に関する警報発令等への対応について

大雨や台風などの自然災害が予想される場合について,生徒の安全確保の観点から,次のように対応しますので,御理解をよろしくお願いいたします。   

 通知文はこちら

1 気象警報が発令された場合
(1)午前6時または午前7時の時点で,広島地方気象台から,「三次市」 において次の警報がいずれか一つでも発令されている場合,時休校とする。
「特別警報」,「大雨警報」,「洪水警報」,「暴風警報」,「暴風雪警報」
(2)同時間帯に,「三次市」以外での「居住する市町」において上記のいずれかの警報が発令されている場合,当該生徒は特別欠席とする。
(3)自宅を出た後,「三次市」又は「居住する市町」において上記のいずれかの警報が発令された場合,駅等で得る情報や天候の状況によって,次の中の一番安全な方法を選択すること。
① 安全な場所へ避難する
② 帰宅する
③ 学校に登校する

2 積雪時の対応
(1)「大雪警報」が発令されても,公共交通機関が運行されている場合は,休校とはせず登校日とする。
 (※「暴風雪警報」発令の場合は,上記1(1)の対応で休校とする。)
(2)積雪のため,公共交通機関の運行休止や交通遮断等により,交通手段がなく登校できないと保護者が判断した場合は自宅待機とし,保護者は担任(副担任・学年主任)にその状況を連絡する。正当な事由と認めた場合は,当該生徒は特別欠席とする。

3 警報は発令されていないが,利用している公共交通機関の運行休止や交通遮断等の場合
(1)警報が発令されていなくても,次の場合は自宅待機とし,保護者は担任(副担任・学年主任)にその状況を連絡する。正当な事由と認めた場合は,当該生徒は特別欠席とする。
① JR・バスの運行休止,交通遮断の場合
② 運行休止や遮断が予想される場合
③ 保護者が地域により登下校において危険な状況であると判断した場合

(2)安全が確認され途中から登校する場合,欠課については出席扱いとする。

4 その他
(1)登校後であっても,風雨や積雪の状況によっては,授業開始時刻を繰り下げたり,終業以前に授業を打ち切ることがある。
(2)土日の模擬試験等や部活動についても同様に休みとなる。
(3)臨時休校のため欠けた授業については,原則として後日補うこととする。